未経験がシステムエンジニアになるコツ

システムエンジニアは、常に人手不足により、多くの募集が出されています。
そのため、未経験の求人募集が無いわけではありません。
しかし、未経験にはシステムエンジニア以外のスキルが必要とされます。

まず求められるのは、クライアントの意向を適切に把握するためのコミュニケーション能力です。
プログラマーから転向する人には、コミュニケーション能力に優れる人材が少ないことが背景にあります。
基本的にプログラマーは技術者であり、プログラミングスキルの追求はしますが、ビジネススキルには無関心であるものです。
それに対して、システムエンジニアはクライアントとプログラマーとの間でプロジェクトの管理を行います。
クライアントが求めるものを確実に把握した上で、システム設計をします。
それを仕様書にまとめ、プログラマーに割り振るわけです。
それぞれの特性を把握し、最も効率良くプロジェクトが進行するように管理することになります。

さらに未経験者となれば、業務をこなしながら専門知識を覚える必要もあります。
そのため、時間を確保できる自己管理能力も備えていることが求められます。
多忙を極めることになるために、健康管理もしっかり行えることも必要です。
総じて高いビジネススキルが必要ですが、それは業界全体で求められるものです。
プログラマーは技術向上は行いますが、ビジネススキルを身につける機会があまり無いからです。
そのために未経験者でも、それまでの経験でビジネススキルを身につけていれば転職に有利となります。