未経験からシステムエンジニアへの転職

システムエンジニアになりたいといっても、未経験者の場合は残念ながら厳しいのが現状です。
この場合、転職したいと思うのなら、まずは実際にプログラミングをしたりプログラム言語の学習をし、制作物を作りましょう。
実際に作ったものは、システムエンジニアとして経験となり、だいたいこんなものが作れるというスキルの表明になります。

何らかのプログラミング言語に精通していることは、とても大事なことです。
資格取得も有利になれる可能性はありますが、基本情報技術者、ソフトウェア開発技術者などの難しい資格を取得しないとあまり意味がありません。
また、英語も有利になれる可能性がある資格です。
そういった資格を持っていると、向いていると判断されやすいでしょう。
性格的な面で言えば、システムエンジニアはとにかくコツコツ作業がデキる人、着実に作業がデキる人に向いています。
コミュニケーション能力を問われることも多いのですが、一般的な業務連絡や会議で必要な発言ができればそれでいいのです。

また、理論的に考えられる人も向いていますが、特にこれはエンジニアならではの思考回路を持っている人、うまく理論的にシステムを作り上げられる人などが向いているでしょう。
他にも、説明がしっかりできることが求められます。
転職の場ではスキルなどを見られることが多いのですが、未経験者ならば人柄や取得資格、作成物などをアピールして採用を勝ち取るのが先決です。